花は美しく私たちひとりひとりの心に<br/>やさしく語りかけてくれます
そして、花は人の心を言葉にかえて伝えてもくれます。
「献花の精神」から始まった人と花との関わり、
宗教と密接な関係がある建築様式や芸術に、
また王侯貴族の権力や貴婦人たちの美の象徴として、
常に花は大切にされてきました。
やがてアメリカでは1937年頃、
ヨーロッパのスタイルにアメリカラインを取り入れた
フラワーデザインが完成しました。
シック・フラワーアレンジメントとは?
シックはフランス語で「おしゃれ、粋な」を意味し、ヨーロッパの伝統を基本としながらも、
日本人にはかかすことのできない四季への想い、花に対するやさしさと味わい、
そしてシックな色彩感覚で、一輪一輪を大切に、ナチュラルな花あしらい心掛けています。
みずみずしい植物たちに触れているうちに、
自然への観察心、情熱が培われてくることに気づくでしょう。
また、暮らしの中に~心のゆとり~が生まれ、人に対する思いやりがもてるようになっていきます。
そのような想いで植物に守られながら、
講師陣とともに今も尚、研究をし続けております。